汗は本当は無臭でサラサラ!?汗が臭くなる2大原因とは

整体院昌は志木市新座市朝霞市和光市を中心に、腰痛五十肩膝痛など長年のお身体の痛みなどで悩まれている方に向けて、画期的な痛みの根本改善方法をご提案しております。整体院昌―MASA―では、頭から足先まで全身の痛みの原因を、のべ6702人の経験から特定し、あなたに最も合った改善方法を提案することで、最短で改善することを目指しております!
痛みから解放された患者様より、喜びの声を多数いただいております!

整体院昌についてもっと知りたいという方は、整体院昌のホームページをご覧ください。

整体院昌で痛みや悩みを改善できた方のお話はコチラからみることができます。

整体院昌のご予約、もしくは症状の相談をご希望の方はLINEで受付できますので、気軽にご相談を!

スマホでご覧の方はLINEのご登録は以下のお友達登録ボタンからご登録お願いします。

パソコンでご覧の方は以下のQRコードをスマホに読み込ませてご登録ください。

 

LINEでは、施術のご予約の受付はもちろん、無料の健康相談も承っております。

さらに、LINEにご登録いただき、ホーム投稿ページに「イイね!」をしていただいた方には、

ここでしか手に入らない「特典レポート」「特別オファー」をプレゼント中!

ご登録後のブロックも簡単にできますので、気軽にご登録ください!

From:志木市の整体院より

毎日暑い日が続き、じっと立っているだけでもたくさんの汗をかいてしまうほどです。

 

汗をかくとベタベタと気持ちが悪かったり、皮膚がかゆくなったり、服に汗ジミができる、メイクが崩れる、臭いまたは臭そうなど、マイナスなイメージが多いですよね。

 

できればなるべく汗をかかずに過ごしたいものですが、汗は私たちの身体の機能を正常に保つために、なくてはならない存在です。

 

汗の最も重要な役割は、体温の調節機能です。

 

特に真夏のような暑い日には、私たちは汗をたくさんかくことで上がりすぎてしまった体温を効率良く下げることが可能になります。

 

私たちが普段かいている汗は、主に「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2種類の汗腺という器官から出ていますが、その中でも暑い時に噴き出るようにかくのが、エクリン腺から出る汗です。

 

エクリン腺は全身のほとんどに分布していて、主に体温調整のための汗を出す汗腺です。

 

エクリン腺から分泌される汗は無味無臭でサラサラとしており、色も無色透明という特徴があります。

 

にも関わらず、やはり汗は臭い、ベタベタする、という印象や感覚があるのはなぜでしょうか。

 

【汗が臭い理由】

その1.皮膚の上にある菌やアカの存在

実は汗の嫌なニオイは、皮膚の上にある菌やアカの存在があって初めて発生します。

 

臭いもベタつきもないはずのエクリン腺から出た汗が、臭くてベタベタな汗となってしまうのは、汗が皮膚の表面で菌やアカなどと混ざり合うことが原因です。

 

その2.衰えた汗腺機能

また、汗腺は使えば使うほど、その能力を高めることができることが分かっています。

 

しかし現代では昔に比べ、自然に汗をかく機会が多く奪われてしまったことにより、汗腺の機能が落ちてしまっている人が大勢います。

 

そのため、汗腺でしっかりと臭いやベタつきのもととなるアンモニアや乳酸等をろ過しきれずに汗として放出してしまうことで濃い汗をかき、これが臭いやベタつきをより強いものにしてしまっているのです。

 

健康的な人は、本来の無臭でサラサラに近い汗をかくことができます。

 

汗のニオイが強かったり、とにかくベタベタするという人は、生活習慣を見直すきっかけとして考えてみるのも良いでしょう。

 

また、汗をかいたらできるだけすぐに拭き取るようにするだけでも、嫌な臭いを抑えることにつながります。

 

整体院昌は志木市新座市朝霞市和光市を中心に、腰痛五十肩膝痛など長年のお身体の痛みなどで悩まれている方に向けて、画期的な痛みの根本改善方法をご提案しております。整体院昌―MASA―では、頭から足先まで全身の痛みの原因を、のべ6702人の経験から特定し、あなたに最も合った改善方法を提案することで、最短で改善することを目指しております!
痛みから解放された患者様より、喜びの声を多数いただいております!

整体院昌についてもっと知りたいという方は、整体院昌のホームページをご覧ください。

整体院昌で痛みや悩みを改善できた方のお話はコチラからみることができます。

整体院昌のご予約、もしくは症状の相談をご希望の方はLINEで受付できますので、気軽にご相談を!

スマホでご覧の方はLINEのご登録は以下のお友達登録ボタンからご登録お願いします。

パソコンでご覧の方は以下のQRコードをスマホに読み込ませてご登録ください。

 

LINEでは、施術のご予約の受付はもちろん、無料の健康相談も承っております。

さらに、LINEにご登録いただき、ホーム投稿ページに「イイね!」をしていただいた方には、

ここでしか手に入らない「特典レポート」「特別オファー」をプレゼント中!

ご登録後のブロックも簡単にできますので、気軽にご登録ください!

志木、新座、朝霞、和光の4市でも猛暑日続く。熱中症対策にバッチリの経口補水液について知ろう!

 

今年の夏は例年以上に暑い日が続いていますね。

 

 

 

私の整体院がある志木市でも昨年以上に気温が高く、具合が悪くなるレベルの暑さが続いています。

 

 

 

あなたも熱中症対策をしていますか?

 

 

 

熱中症の危険性は、ここ近年でテレビなどを通じて浸透してきたと思います。

 

 

 

今回は、「経口補水液―けいこうほすいえき―」についてお話していきたいと思います。

 

 

 

熱中症対策のひとつとして、スポーツドリンクを飲んで対策することが挙げられますが、経口補水液は普通の水やスポーツドリンクとは少し違います。

 

 

 

この記事を読むことであなたは、熱中症予防をより簡単に理解し、まだまだ続く暑い夏を健康に乗り切るヒントを得ることができます。

 

 

経口補水液のメリット

経口補水液(略称ORS)は、食塩とブドウ糖を混合して水に溶かした飲料です。

 

 

腸内で水分や塩分が効率良く速やかに吸収されるように、成分が調整されています。

 

 

一般的なスポーツドリンクと比べると、体が脱水状態になった際に不足している電解質(ナトリウムなどの塩分)を補うために電解質濃度が高く、また、水と電解質の吸収を速めるために糖濃度は低い組式になっています。

 

 

例えば下痢、嘔吐、発熱などの症状が長期間に及ぶと、多くの場合体は脱水症状になりますが、これに対して病院では点滴によって体に水分補給を行うことがあります。

 

 

経口補水液はこの点滴による水分補給の代わりとなる、「飲む点滴」のようなイメージです。

 

 

特に熱中症の場合は水分補給の緊急を要するケースが多く、水をそのまま飲むよりも経口補水液を用いた方が、体内で失われた水分や塩分などを速やかに補うことができます。

 

 

日常生活における水分や塩分の補給であればスポーツドリンクでも十分ですが、軽度から中等度の脱水状態には、経口補水液が適しています。

 

 

経口補水液がつくられた理由

 

世界保健機関(WHO)が提唱している経口補水療法(略称ORT)というものがあります。

 

 

発展途上国では、衛生面の整備の遅れからコレラなどの感染症が多発していましたが、このような国では医療設備の整備も遅れ、医師も少なく、点滴を行うことが困難な環境でした。

 

 

そこで体から失われた水分および電解質を口から容易にかつ迅速に補給できる手段として、1970年頃から経口補水液を用いた経口補水療法が急速に広まりました。

 

 

そして現在では、WHOによって発展途上国だけでなく先進国における胃腸炎や、脱水症などの予防・治療に適した飲料としても経口補水液が推奨されています。

 

 

 

このように、経口補水液はのどを潤すためのただの飲料水ではなく、脱水状態の時の治療にも用いられるものです。

 

 

医療現場でも、経口補水液は多くの場面で使われています。
大量の汗をかく熱中症の時には水分だけでなく塩分も一緒に体外に排出されているため、それを効率良く補うには経口補水液を飲むことが効果的なのです。

 

 

経口補水液は、軽度から中等度の脱水状態の時に飲むことで、体内に不足した水分や塩分を効率良く補うことができる飲料です。

 

・軽度の脱水状態…体重の減少が1~2%見られる。軽い下痢や嘔吐、微熱などがある。

・中等度の脱水状態…体重の減少が3~9%見られる。呼吸不全や心・腎不全、血圧の低下や脳血流の減少により立ちくらみやめまい、筋肉痛や筋肉の硬直(こむら返り)などが起こる。

 

今の時期であれば、注意しなければならないのが熱中症による脱水状態です。

 

 

暑い時期は多くの汗をかき、汗とともに体内の水分や塩分が失われていきます。

 

 

特に暑い中で運動を行う場合や、小さな子供やお年寄りはより一層真夏の脱水には気を付けなければなりません。

 

 

熱中症によって亡くなる人のニュースも毎年報道されています。

 

 

命を落とす危険もある熱中症の危険を減らすためにも、経口補水液で素早く水分と塩分を補給することは非常に有効な手段です。

 

 

 

経口補水液があまり流通していないワケ

しかし、市販もされている経口補水液ですが、意外にもコンビニやスーパーなどに売られていないことも多く、今までに飲んだことがないという人の方が多いと思います。

 

 

経口補水液は医薬品ではなくあくまで食品に分類されるものですが、年齢や持病などに合わせて飲み方に注意が必要なものでもあります。

 

 

そのため、病院内の売店や調剤薬局、ドラッグストアなどの限られた場所でしか売られていないケースがほとんどなのです。

 

 

それだけ経口補水液は普通の飲料としてではなく、脱水状態の時に飲む飲料として認識しておく必要があり、飲みすぎなどには注意する必要があることを覚えておきましょう。

 

 

 

自分で経口補水液を作ってみよう!

 

また、経口補水液がいざという時に手元にないという時は、自分で簡単に作ることができます。

 

 

【経口補水液の作り方】

水1リットルに対し、砂糖大さじ4と2分の1杯、食塩小さじ2分の1杯を加える。水はできるだけ一度沸騰させて冷ましたものを使う。レモン汁などを適宜加えて味を調整すると飲みやすくなる。

 

 

発展途上国では、「コップ一杯の沸騰したお湯に一握りの砂糖と一つまみの塩を入れる」という経口補水液の作り方が普及している地域もあります。

 

 

ただし、自分で作る経口補水液はあくまで緊急用にとどめておく方が無難です。
手作りの経口補水液は成分が安定しにくいことや、雑菌などが混入してしまう恐れがどうしても高くなってしまうため、保存には不向きです。

 

 

熱中症などによる脱水状態の時に、水やお茶よりも上手に水分補給ができるものとして活用してください。

 

 

 

まとめ

経口補水液が普通の飲料とは違うということについて、しっかりと理解することができれば、真夏の熱中症対策に効率良く役立てることができるでしょう。

 

 

飲めば飲むほど健康になるというものでもないので、経口補水液の飲み方には気を付けてほしいと思います。

 

 

 

熱中症予防!これから来る夏のために覚えておきたい6つのこと。

From:志木市内の整体院から

 

 

 

 

こんにちは!志木駅南口から徒歩1分にある整体院昌―MASA―院長の米満です。

 

 

 

 

梅雨入りして本格的に天気が崩れる日が多くなってきましたね。

 

 

 

 

今年の梅雨は空梅雨(からつゆ)なんて言われていて、雨の日と晴れの日がはっきりしている年だそうです。

 

 

 

 

そういう年の夏というのは、例年ものすごく暑くなるらしいのですが、

 

 

 

 

そこで心配になってくるのが、「熱中症」です。

 

 

 

 

熱中症は、毎年死亡者を出している無視できない症状だと思います。

 

 

 

 

そこで、今回は、これから来る猛暑に負けない熱中症予防をみなさんにお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

猛暑に負けない熱中症予防のための生活習慣!

 

 

 

 

1. こまめな水分補給
暑い日は、じっとしているだけでも大量の汗をかいて体内の水分が奪われます。
のどが渇いていなくても、積極的に水分補給をすることで、熱中症のリスクを下げることができます。

 

 

 

 

2. 塩分をほどよく摂る
大量の汗をかく時は、汗とともに体の中から塩分も失われます。
過度に塩分を摂る必要はありませんが、あまり塩分を控えすぎてしまうと、体内の塩分が不足して熱中症になりやすくなります。塩アメなど気軽に摂取できる塩分対策おススメです!

 

 

 

 

3. 睡眠を十分にとる
夜でも気温が高く寝苦しい日々が続くと、暑さで夜中に何度も目覚めてしまったり、ぐっすり寝れずに知らず知らずのうちに睡眠不足になりやすくなります。睡眠不足は体力の低下を招くため、熱中症に限らず、様々な体調不良の原因となりますので、暑くて仕方のない時は、適温で冷房をつけるなど寝室の環境づくりにも気をつけましょう!
睡眠の質を高め、十分な睡眠時間を確保することで、毎日の疲れを取り除いて熱中症に負けない体づくりができます。

 

 

 

 

4. 食事をしっかりととる
暑いと食欲が減退しがちですが、食事をしなければ体力はどんどん低下していき、熱中症になるリスクが高まります。
冷たいものばかり食べるのも体を冷やし過ぎて免疫力の低下につながりますので、温かいものもしっかりと食べるようにしましょう。炭水化物と脂質、たんぱく質をバランス良く摂取してください。
食事は、丈夫な体づくりの基本です。

 

 

 

 

5. 帽子や日傘を活用する
直射日光に長時間当たっていると、短時間で熱中症になりやすくなります。
帽子や日傘を活用したり、外ではなるべく日陰を選んで行動しましょう。

 

 

 

 

6. 冷却グッズを身に付ける
最近では、様々な熱中症対策の冷却グッズが出回っています。
身に付けられるタイプのものも多いので、暑い日に長時間外にいなければならない時などには、冷却グッズを使って効率良く体を冷やすようにしましょう。

 

 

 

 

熱中症対策の基本は、規則正しい生活による丈夫な体づくりです。
夏の暑さに負けないような体づくりや、熱中症のリスクを下げる工夫をして元気に夏を乗り切りましょう!

ページトップへ