志木、新座、朝霞、和光の4市でも猛暑日続く。熱中症対策にバッチリの経口補水液について知ろう!

 

今年の夏は例年以上に暑い日が続いていますね。

 

 

 

私の整体院がある志木市でも昨年以上に気温が高く、具合が悪くなるレベルの暑さが続いています。

 

 

 

あなたも熱中症対策をしていますか?

 

 

 

熱中症の危険性は、ここ近年でテレビなどを通じて浸透してきたと思います。

 

 

 

今回は、「経口補水液―けいこうほすいえき―」についてお話していきたいと思います。

 

 

 

熱中症対策のひとつとして、スポーツドリンクを飲んで対策することが挙げられますが、経口補水液は普通の水やスポーツドリンクとは少し違います。

 

 

 

この記事を読むことであなたは、熱中症予防をより簡単に理解し、まだまだ続く暑い夏を健康に乗り切るヒントを得ることができます。

 

 

経口補水液のメリット

経口補水液(略称ORS)は、食塩とブドウ糖を混合して水に溶かした飲料です。

 

 

腸内で水分や塩分が効率良く速やかに吸収されるように、成分が調整されています。

 

 

一般的なスポーツドリンクと比べると、体が脱水状態になった際に不足している電解質(ナトリウムなどの塩分)を補うために電解質濃度が高く、また、水と電解質の吸収を速めるために糖濃度は低い組式になっています。

 

 

例えば下痢、嘔吐、発熱などの症状が長期間に及ぶと、多くの場合体は脱水症状になりますが、これに対して病院では点滴によって体に水分補給を行うことがあります。

 

 

経口補水液はこの点滴による水分補給の代わりとなる、「飲む点滴」のようなイメージです。

 

 

特に熱中症の場合は水分補給の緊急を要するケースが多く、水をそのまま飲むよりも経口補水液を用いた方が、体内で失われた水分や塩分などを速やかに補うことができます。

 

 

日常生活における水分や塩分の補給であればスポーツドリンクでも十分ですが、軽度から中等度の脱水状態には、経口補水液が適しています。

 

 

経口補水液がつくられた理由

 

世界保健機関(WHO)が提唱している経口補水療法(略称ORT)というものがあります。

 

 

発展途上国では、衛生面の整備の遅れからコレラなどの感染症が多発していましたが、このような国では医療設備の整備も遅れ、医師も少なく、点滴を行うことが困難な環境でした。

 

 

そこで体から失われた水分および電解質を口から容易にかつ迅速に補給できる手段として、1970年頃から経口補水液を用いた経口補水療法が急速に広まりました。

 

 

そして現在では、WHOによって発展途上国だけでなく先進国における胃腸炎や、脱水症などの予防・治療に適した飲料としても経口補水液が推奨されています。

 

 

 

このように、経口補水液はのどを潤すためのただの飲料水ではなく、脱水状態の時の治療にも用いられるものです。

 

 

医療現場でも、経口補水液は多くの場面で使われています。
大量の汗をかく熱中症の時には水分だけでなく塩分も一緒に体外に排出されているため、それを効率良く補うには経口補水液を飲むことが効果的なのです。

 

 

経口補水液は、軽度から中等度の脱水状態の時に飲むことで、体内に不足した水分や塩分を効率良く補うことができる飲料です。

 

・軽度の脱水状態…体重の減少が1~2%見られる。軽い下痢や嘔吐、微熱などがある。

・中等度の脱水状態…体重の減少が3~9%見られる。呼吸不全や心・腎不全、血圧の低下や脳血流の減少により立ちくらみやめまい、筋肉痛や筋肉の硬直(こむら返り)などが起こる。

 

今の時期であれば、注意しなければならないのが熱中症による脱水状態です。

 

 

暑い時期は多くの汗をかき、汗とともに体内の水分や塩分が失われていきます。

 

 

特に暑い中で運動を行う場合や、小さな子供やお年寄りはより一層真夏の脱水には気を付けなければなりません。

 

 

熱中症によって亡くなる人のニュースも毎年報道されています。

 

 

命を落とす危険もある熱中症の危険を減らすためにも、経口補水液で素早く水分と塩分を補給することは非常に有効な手段です。

 

 

 

経口補水液があまり流通していないワケ

しかし、市販もされている経口補水液ですが、意外にもコンビニやスーパーなどに売られていないことも多く、今までに飲んだことがないという人の方が多いと思います。

 

 

経口補水液は医薬品ではなくあくまで食品に分類されるものですが、年齢や持病などに合わせて飲み方に注意が必要なものでもあります。

 

 

そのため、病院内の売店や調剤薬局、ドラッグストアなどの限られた場所でしか売られていないケースがほとんどなのです。

 

 

それだけ経口補水液は普通の飲料としてではなく、脱水状態の時に飲む飲料として認識しておく必要があり、飲みすぎなどには注意する必要があることを覚えておきましょう。

 

 

 

自分で経口補水液を作ってみよう!

 

また、経口補水液がいざという時に手元にないという時は、自分で簡単に作ることができます。

 

 

【経口補水液の作り方】

水1リットルに対し、砂糖大さじ4と2分の1杯、食塩小さじ2分の1杯を加える。水はできるだけ一度沸騰させて冷ましたものを使う。レモン汁などを適宜加えて味を調整すると飲みやすくなる。

 

 

発展途上国では、「コップ一杯の沸騰したお湯に一握りの砂糖と一つまみの塩を入れる」という経口補水液の作り方が普及している地域もあります。

 

 

ただし、自分で作る経口補水液はあくまで緊急用にとどめておく方が無難です。
手作りの経口補水液は成分が安定しにくいことや、雑菌などが混入してしまう恐れがどうしても高くなってしまうため、保存には不向きです。

 

 

熱中症などによる脱水状態の時に、水やお茶よりも上手に水分補給ができるものとして活用してください。

 

 

 

まとめ

経口補水液が普通の飲料とは違うということについて、しっかりと理解することができれば、真夏の熱中症対策に効率良く役立てることができるでしょう。

 

 

飲めば飲むほど健康になるというものでもないので、経口補水液の飲み方には気を付けてほしいと思います。

 

 

 

ページトップへ