【腰痛・ヘルニア】あなたの痛みは本当にヘルニアからきているのでしょうか?

 

From米満昌人

志木市整体院のデスクから

 

 

整体院 昌―MASA―の米満昌人です。

 

 

 

今日も当コンテンツをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

 

 

ヘルニアの第2弾さっそく始めていきたいと思います。

 

 

 

前回のおさらいは、ヘルニアになってしまう原因は、

普段の姿勢が原因になっていることが多い

ということをお話しさせていただきました。

 

 

 

前回のお話は、以下のURLからご覧になれますので、

まだみていない方は以下からご覧いただければと思います。

 

https://seitai-masa.com/2018/01/26/herunia01/

 

 

 

 前回、腰の背骨の中に脊髄神経が通っていて、

背骨と背骨の間にある椎間板という

クッションが外に出てしまうことで、

脊髄神経を圧迫して痛みが出る

 

 

 

というお話をさせていただきました。

 

 

 

背骨の中を通っている脊髄神経は

隙間なくビッチリと脊髄神経が納まっている

イメージがありますが、

 

 

 

実はそんなことはなく、ある程度隙間が空いています。

 

 

 

ですので、多少椎間板が出たぐらいでは、脊髄神経は

圧迫されないのでは?

 

 

 

というのが、私の持論です。

(もちろん、脊髄神経を圧迫してしまう可能性はあります)

 

 

 

いわゆるヘルニアと診断された方は、

「腰」や「お尻」が痛い、しびれるなどと

訴えられることが多いのですが、

 

 

 

脊髄神経を圧迫されたことで、

みられる症状の多くは、

 

 

 

「痛み」とは違った症状がでること多い

 

 

 

というのが、経験上あります。

 

 

 

人間の神経は、大きく分けて2つの神経に分けられます。

 

 

 

上記にある背骨の中を通っている脊髄神経と

背骨から出て手足に向かって伸びている

末梢神経と呼ばれる神経です。

 

 

 

この2つの神経について以下の動画で詳しく説明しています。

是非、ご覧いただければと思います。

 

 

 

 

ご視聴ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

ページトップへ