【五十肩】五十肩の痛みはどう治す?その2

志木市新座市朝霞市和光市を中心に、腰痛五十肩膝痛など長年のお身体の痛みなどで悩まれている方に向けて、画期的な痛みの根本改善方法をご提案しております。整体院昌―MASA―では、頭から足先まで全身の痛みの原因を、のべ6702人の経験から特定し、あなたに最も合った改善方法を提案することで、最短で改善することを目指しております!
痛みから解放された患者様より、喜びの声を多数いただいております!

 

五十肩の痛みはどう治す?第2弾をお伝えしたいと思います。

 

前回、肩関節の構成や痛みを放っておくのではなく、

 

痛みが出たら早期に改善する必要性をご説明いたしました。

 

今回は、肩関節だけではなく、他の部位が五十肩に関係している

 

ということをご紹介できればと思います。

 

五十肩といわれる方のほとんどは、

 

「肩関節周囲炎-かたかんせつしゅういえん-」

 

という診断名を付けられることがほとんどです。

 

名前のとおり、肩関節の周囲に炎症がありますよ

 

ということなんですが、

 

実は、五十肩を改善するためには、

 

肩関節以外の関節もアプローチしていく必要があるのです。

 

特に一般の方にとっては、初耳な内容が

 

盛り沢山だと思いますので、楽しみにしてください。

 

1.手や腕

 

実は、肩関節と手はとても密接な関係があります。

 

理由といたしましては、

 

肩から手にかけて付着している筋肉が

 

肩→肘→手首→指

 

と関節を介して付着していること。

 

そして、

 

筋膜と呼ばれる筋肉を包む膜が

 

指から肩にかけて繋がっている点があげられます。

 

例えば、二の腕の筋肉が固くなって動きづらくなると、

 

関節を介して繋がっている肩や肘の関節の動きにも

 

影響が出てしまいます。

 

また、筋膜が縮んで動きづらくなると、

 

その筋膜の繋がりがある筋肉たちも動きづらくなり、

 

無理が生じて

 

痛みとなって現れるのです。

 

そのため、肩の痛みを改善するためには、

 

肩関節以外の部位にも着目する必要があるのです。

 

しかし、肩関節以外の部位にも目を光らせないといけないとなると、

 

治療家はともかく、一般の方には少々荷が重いと思われます。

 

ですので、肩関節以外の部位が緊張しているのかどうかを

 

見極める方法をお教えいたします。

 

2.肩関節以外の部位が固いかどうかを見極める方法

 

肩関節以外の部位(特に手から腕にかけて)が固いかどうかを

 

見極める方法をお伝えいたします。

 

その方法は至ってシンプルです。

 

(1)両手の親指を手のひらにしまって拳を作る

(2)拳を作ったまま腕を水平に広げる

(3)腕を水平に広げたまま肩甲骨を内側に寄せる

 

(1)~(3)の手順で肩を水平に広げた時に

 

首や肩から手にかけて

 

つっぱり感やストレッチ感、痛みなどが出た場合は、

 

手から腕にかけての筋肉が固い可能性が高いです。

 

また、肩甲骨を内側に寄せられなかった場合は、

 

肩甲骨周囲の筋肉が固く、

 

肩甲骨の動きが制限されている可能性が高いのです。

 

これらが肩の痛みの原因である場合、

 

手のひらの筋肉や腕の筋肉、肩甲骨周りの筋肉を柔らかくすることで

 

肩の痛みを軽減させることが可能です。

 

3.肩ストレッチをするサインお注意点

 

肩周囲の筋肉を柔らかくすることで痛みを軽減できることは

 

先ほどお話させていただきました。

 

肩関節周囲の筋肉を柔らかくするためには、

 

ストレッチをしていただくのが一番手軽です。

 

ストレッチの方法は、先ほどの

 

(1)両手の親指を手のひらにしまって拳を作る

(2)拳を作ったまま腕を水平に広げる

(3)腕を水平に広げたまま肩甲骨を内側に寄せる

 

の状態で、首を大きくそしてゆっくりと回してみてください。

 

その際に痛みが強い場合は、

 

痛みの少ない範囲で行ってください。

 

肩関節や腕の筋肉は、体幹や下半身の筋肉と比較して

 

小さくて、薄く、傷つきやすいです。

 

そのため、痛みを我慢して無理にストレッチをしてしまうと

 

それだけで筋肉が傷ついてしまい、

 

痛みが悪化してしまう可能性があります。

 

そうすると、痛み改善にもっと時間がかかってしまいますので、

 

必ずゆっくりと愛護的にストレッチを行うようにしてください。

 

ストレッチを無理なく上手に行うコツは、

 

痛みの出ない範囲でゆっくりと呼吸をしながら行うことです。

 

何回かストレッチしていれば、コツがつかめてくるはずなので

 

是非チャレンジしてみてください。

 

4.まとめ

 

・五十肩を改善するためには、”肩”以外の部位も柔らかくする必要がある。

・手や腕の筋肉の柔軟性や肩甲骨の可動性を確保することが五十肩改善につながる。

・肩関節周囲の筋肉をストレッチする場合、無理やりストレッチすると筋肉を傷めやすいの注意する。

・ストレッチで痛みが悪化しないようにするためには、「痛みが出ない範囲」で「呼吸をしながら」「ゆっくりとストレッチする」ことが大事です。

 

今回は、五十肩の痛みの原因を探る方法とその改善方法についてお伝えいたしました。

 

五十肩は痛みがとても鋭く、げんなりしてしまうような痛みですが、

 

肩や上肢まわりと肩甲骨周りの筋肉をしっかりと柔らかくすることで

 

痛みはしっかりと改善できます。

 

大事なのは、無理をしないで、そして焦らないで、

 

じっくりと治療に取り組むことです。

 

五十肩をもっと早く改善されたい方は、

 

当院でも対応しておりますので、

 

ご連絡いただければと思います。

 

今日もブログをご覧いただきありがとうございました。

 

 

【腰痛】生活習慣を見直せば長年の腰痛は治ります【改善】

志木市新座市朝霞市和光市を中心に、腰痛五十肩膝痛など長年のお身体の痛みなどで悩まれている方に向けて、画期的な痛みの根本改善方法をご提案しております。整体院昌―MASA―では、頭から足先まで全身の痛みの原因を、のべ6702人の経験から特定し、あなたに最も合った改善方法を提案することで、最短で改善することを目指しております!
痛みから解放された患者様より、喜びの声を多数いただいております!

From:志木市の治療院より

 

生活習慣を見直せば、長年の腰痛は治ります!

 

もし、あなたがそう言われた場合、素直に信じることができますか?

 

あなたは今まで、あなたが抱える痛みの悩みについて、

 

たくさん勉強されて、

 

動画や書籍もみて、

 

「もしかしたら、今までの生活の仕方が悪いのかも…」

 

と思っていただけたこともあるかもしれません。

 

しかし、”思っただけ”では、あなたの痛みは決して改善することはないでしょう。

 

なぜなら、結果を得るためには行動しなければいけないからです。

 

これは、何事にも当てはまることだと思います。

 

学校の勉強でも同じことが言えますし、

 

仕事のスキルアップだったとしても同様です。

 

私たちが何かしらの結果を得るためには、

 

それ相応の”行動”が必要になるのです。

 

そして、満足いく結果を得られる方は、

 

みんな、それなりの行動量をこなしているのです。

 

ある人はそれを”努力”と言うでしょうし、

 

ある人は”当たり前”のことだと言うかもしれません。

 

しかしながら、満足する結果を得られる方は、

 

ある一定以上の結果が出るレベルの行動量を

 

こなしていることは間違いありません。

 

今日は、そんな「結果が出る行動」についてあなたとシェアしていきたいと思います。

 

1.整形外科や整骨院、整体院などどこへ行っても、痛みがちっとも良くならないと思っているあなたへ

 

あなたが長年身体の痛みなどの悩みを抱えているのであれば、一度は上記のような気持ちを持たれたことはあるかと思います。

 

「どこへ行ってもちっとも良くならない!」

 

「だまされた!」

 

「私の痛みは一生良くならないの?」

 

そんな気持ちになると心がズーンと沈んでしまい、

 

よけいに落ち込んでしまうこともあったのではないでしょうか?

 

あなたがもし、現時点でそのような気持ちでいるのであれば、

 

少し冷静になってもらって、

 

今まで行った治療院の先生から言われた内容を少しでもいいので思い出していただきたいのです。

 

その先生から、

 

・痛みやあなたの悩みの原因を明確に説明されたことはありますか?

 

・痛みを改善やあなたの悩みを解決するために、痛みの原因をどういうやり方で治していくのか、具体的に説明をされたことがありますか?

 

・痛みを改善やあなたの悩みを解決するために、日頃から気をつけてもらいたいこと、自宅や職場でやってもらいたい自主トレなどを具体的に説明されたことはありますか?

 

あなたが、どんなに頑張って思い出しても上に挙げられるような説明を一切聞いたことがないというのであれば、

 

その治療院では決して良くなることはありません。私が保証します(笑)

 

逆に、上にあるような説明を受けたことがあるという場合、

 

あなたは、痛みの改善や悩みを解決するために、

 

教えてもらった自主トレなどを適正な頻度で行ってきましたか?

 

「言われたことは全て守って行ってきた。だけど痛みは全く変わらない!」

 

という方がいらっしゃれば、それは完全に治療院が間違った治療法をしている可能性が高いと思われます。

 

その場合は、どうぞ別の治療院を探したり、病院で精密検査を受けるなどして原因をしっかりと特定してもらってください。

 

反対に、

 

「仕事が忙しくて…」

 

「そんな時間などない」

 

「どうしても忘れてしまってやっていなかった」

 

という方の場合、あなたの生活習慣を見直し、痛みを改善するための時間をしっかりとつくらないと

 

あなたの痛みは決して良くなることはありません。

 

よく考えてみてください。

 

長期間にわたって痛みや辛さが続いているんですよ?

 

今までの積み重ねが、今のあなたをつくっているんです。

 

その根底にある習慣を変えない限り、

 

今の状態から変化することはありえないと思いませんか?

 

もし、あなたが今までの習慣を変えて、

 

新しい習慣を勝ち取ることに興味があるのであれば、

 

そのままこのページを読み進めてください。

 

これから、その習慣をぶっ壊して、新しいチャレンジを可能とする考え方を

 

あなたにお伝えしたいと思います。

 

2.痛みをなくしたい理由をもう一度考えてみる。

 

あなたが、痛みを改善したいと思うのであれば、それはなぜでしょうか?

 

馬鹿にされていると思われるかもしれませんが、

 

これはとても大事な質問です。

 

人間は、自分自身に対して明確な目的と答えがないと

 

行動ができません。

 

つまり、痛みを取りたい明確な理由と動機付けが必要なのです。

 

「痛みが辛いから」

 

という理由では、はっきり言って理由として弱いのです。

 

例えば、

 

「来月に娘の結婚式があって、娘と一緒にヴァージンロードを歩きたい。その時に痛みを気にすることなく歩きたいんです」

 

というような、明確な目的と理由があると

 

人間はその目的に向かって一生懸命努力することができるのです。

 

3.毎日コツコツ自主トレを継続する。

 

患者様の中には、「やり貯め」という考え方を持っている方が割と多くいらっしゃいます。

 

簡単にいうと、1週間分の自主トレ量を一日でこなして、のこりの6日はなにもしないで過ごしてもいい

 

という考え方です。

 

基本的に「やり貯め」は意味がありません。

 

これは、人間の身体の特徴的な性質なのですが、

 

人間は良くも悪くも現状が一番

 

という性質があります。

 

これを専門的にはホメオスタシスというのですが、

 

身体の状態が良くなったり、悪くなるなど変化が生じると、

 

身体が異常状態と判断して、

 

慣れ親しんだ今の身体の状態に引き戻す性質をいいます。

 

ですので、「やり貯め」をして一時的に身体の状態が変化しても

 

身体が異常状態と判断し、

 

勝手に元の状態に引き戻してしまうので、

 

意味がないのです。

 

それよりも、毎日コツコツと少ない回数でも継続することで、

 

身体が異常状態と判断する可能性が低くなり、

 

ゆっくりではありますが、身体を良い状態に向かっていくことが可能なのです。

 

4.まとめ

 

・良い結果を得るためには、一定の行動量(努力量)が必要

・一定の行動量をこなすためには、明確な目的意識と動機が必要

・一気に自主トレを行うのではなく、コツコツと毎日継続することで、身体が徐々に無理なく良い状態へ移行することができる

 

以上が生活習慣を見直すことで痛みが改善できる方法になります。

 

正直、これができれば、自力で痛みを改善することも可能です。

 

しかし、痛みの原因を知らなければ、当てずっぽうの治療になってしまいますので、

 

最初は専門家に診てもらってあなたの痛みや悩みの原因をしっかりと教えてもらってください。

 

当院でも、痛みの原因とその改善方法をしっかりとお伝えさせていただいております。

 

当院にご興味の方は是非お電話やメールLINEでご連絡ください!

 

長い文章でしたが、ご覧いただき本当にありがとうございました!

 

 

 

【腰痛・原因究明】寝返りのときに生じる腰痛の原因とは?

from:志木市整体院のデスクより

 

 

こんにちは。整体院昌―MASA―の米満です。

 

 

 

今日も、当ブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

 

 

 

今日も原因究明シリーズの腰痛をお話していきたいと思います。

 

 

 

 

前回は、腰痛の原因は生活習慣にあって、

あなたが起きてから寝るまでの間に、

どのような痛みがあって、

どのような時間帯に痛くて、

どのような動作・姿勢で痛いのか?

 

 

 

 

などを、あなた自身に把握していただきたいということを

お伝えさせていただきました。

 

 

 

 

今回は、その上で、動作や姿勢で痛みが生じる場合、

何が原因で痛みが生じるのか?

 

 

 

 

生活習慣の中から、筋肉や関節など細部にわたってお送りいたします。

 

 

 

 

今回は、寝返り動作についてお話したいと思います。

 

 

 

ご視聴ありがとうございました。

【腰痛・原因究明】多くの人が見落としている慢性腰痛の原因

From:志木市整体院のデスクより

 

 

こんにちは、整体院昌―MASA―の米満です。

 

 

 

 

前回より、引き続き腰痛の原因究明シリーズをお送りいたします。

 

 

 

 

前回は、ご自身の腰痛の原因を知らない方が多い、

原因の特定方法を知らない方が多いというお話をさせていただきました。

 

 

 

 

 

今回は、前回の内容を引き続き掘り下げていく内容になります。

 

 

 

 

今回は、みなさまがわかっているけど、わかっていない、

という内容になると思います。

 

 

 

 

私が、あなたの腰痛の原因を指摘しても、

 

 

 

「わかってるよ」

 

 

 

 

という返しが結構多いのですが、

 

 

 

 

 

私の指摘する内容を、日常生活にちゃんと活かせているかというと、

 

 

 

 

ほとんどの方はそうではありません。

 

 

 

 

その内容について詳しくお話していきます。

 

 

ご視聴ありがとうございました。

【腰痛・原因究明】多くの人が自力で腰痛を改善できない理由

From:志木市整体院のデスクより

 

 

整体院昌―MASA―の米満です。

 

 

 

今日も当コンテンツをご覧いただき
本当にありがとうございます。

 

 

 

今日から新しいシリーズをお送りいたします。

 

 

 

【原因究明】腰痛編と題しましてみなさまに
腰痛を改善するヒントやノウハウをお送りしたいと思います。

 

 

 

 

 

腰痛をもっている方で特にご自身で改善に取り組んでいる方は、
熱心にいろいろなメゾットを貯めされたりしていると思いますが、

 

 

 

 

 

あなた自身、
「なぜ痛みがでているのか?」
「どういう動きをすると痛みがでるのか?」
「どこに痛みの原因があるのか?」

 

 

 

 

など、痛みの原因の特定の方法をご存じないと思います。

 

 

 

 

例えば、YouTubeなどで腰痛改善の動画が
多く挙げられているは思いますが、

 

 

 

 

エクササイズ系の動画だったり、
原因について触れている動画でも
専門用語が多く、いまいち理解できないのでは
ないでしょうか?

 

 

 

 

 

そんなあなたに対して、この動画シリーズをお送りいたします。
ぜひご覧ください。

 

 

ご視聴ありがとうございました。

【腰痛・原因】あなたの腰痛の原因を知る方法②

 

From米満昌人

志木市整体院のデスクから

 

 

整体院 昌―MASA―の米満昌人です。

 

 

 

今日も当コンテンツをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

 

 

 

今日も「あなたの腰痛の原因を知る方法②」についてお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

前回はまず、あなたの痛みが一番強い時間帯はどの時間帯でしょうか?

ということであなたの痛みが強い時間帯を分析してみてくださいというお話をさせていただきました。

 

 

 

 

痛みが強い時間帯を見直してみることで、あなたがその時間帯に何をしているのか?

また、その時間帯の前後で何をしていたのか?

 

 

 

 

ということが分かってくると思います。

 

 

 

 

それらはあなたの生活習慣の一部であって、痛みとの関連性が非常に高いものかもしれません。

 

 

 

 

それを把握することができたら、あなたの抱える痛みを改善するためのヒントになるかもしれません。

 

 

 

 

 

今回は、痛みの出る動作について、調べてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

例えば、前屈みになると痛いのか?

腰を反ると痛いのか?

しゃがむと痛いのか?

椅子から立ち上がる時痛いのか?

 

 

 

 

など、色々あると思いますが、あなた自身の痛みが強い動作を知ることで、痛みの予測が立てられるようになったり、痛みを回避する動作ができるようになります。

 

 

 

 

さらに、前回説明した、痛みの強い時間帯で調べた情報をかけ合わせることにより、あなたの生活習慣から腰痛の原因をより詳しく浮き彫りにすることが可能になると思います。

 

 

 

 

続きは動画で詳しく説明します。

 

 

 

 

 

ご視聴ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

【腰痛・原因】あなたの腰痛の原因を知る方法①

 

From米満昌人

志木市整体院のデスクから

 

 

整体院 昌―MASA―の米満昌人です。

 

 

 

今日も当コンテンツをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

 

 

 

今日は「あなたの腰痛の原因を知る方法」についてお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

私は日頃から「腰痛を持っている方の痛みの原因は、その人ひとりひとり違っている」という観点から施術をさせていただいております。

 

 

 

 

あなたは勉強熱心ですので、テレビや本で見聞きした改善方法や腰痛の原因について心配されたり、疑問に思うこともあるかと思います。

 

 

 

 

しかし、テレビで「腰痛の原因は○○にある」と言われたとしても、あなたの腰痛の原因とは一致しない可能性が高いです。

 

 

 

 

テレビや本で得られる情報は決して間違いというわけではありません。

しかし、テレビや本にある通りにあなたの腰痛の原因を当てはめると非常に危険です。

 

 

 

 

大事なのは、あなたの生活習慣から腰痛の原因を浮き彫りにすることなのです。

 

 

 

 

きょうはその方法の一部をお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

ご視聴ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

ページトップへ