【五十肩】五十肩の痛みはどう治す?その2

志木市新座市朝霞市和光市を中心に、腰痛五十肩膝痛など長年のお身体の痛みなどで悩まれている方に向けて、画期的な痛みの根本改善方法をご提案しております。整体院昌―MASA―では、頭から足先まで全身の痛みの原因を、のべ6702人の経験から特定し、あなたに最も合った改善方法を提案することで、最短で改善することを目指しております!
痛みから解放された患者様より、喜びの声を多数いただいております!

 

五十肩の痛みはどう治す?第2弾をお伝えしたいと思います。

 

前回、肩関節の構成や痛みを放っておくのではなく、

 

痛みが出たら早期に改善する必要性をご説明いたしました。

 

今回は、肩関節だけではなく、他の部位が五十肩に関係している

 

ということをご紹介できればと思います。

 

五十肩といわれる方のほとんどは、

 

「肩関節周囲炎-かたかんせつしゅういえん-」

 

という診断名を付けられることがほとんどです。

 

名前のとおり、肩関節の周囲に炎症がありますよ

 

ということなんですが、

 

実は、五十肩を改善するためには、

 

肩関節以外の関節もアプローチしていく必要があるのです。

 

特に一般の方にとっては、初耳な内容が

 

盛り沢山だと思いますので、楽しみにしてください。

 

1.手や腕

 

実は、肩関節と手はとても密接な関係があります。

 

理由といたしましては、

 

肩から手にかけて付着している筋肉が

 

肩→肘→手首→指

 

と関節を介して付着していること。

 

そして、

 

筋膜と呼ばれる筋肉を包む膜が

 

指から肩にかけて繋がっている点があげられます。

 

例えば、二の腕の筋肉が固くなって動きづらくなると、

 

関節を介して繋がっている肩や肘の関節の動きにも

 

影響が出てしまいます。

 

また、筋膜が縮んで動きづらくなると、

 

その筋膜の繋がりがある筋肉たちも動きづらくなり、

 

無理が生じて

 

痛みとなって現れるのです。

 

そのため、肩の痛みを改善するためには、

 

肩関節以外の部位にも着目する必要があるのです。

 

しかし、肩関節以外の部位にも目を光らせないといけないとなると、

 

治療家はともかく、一般の方には少々荷が重いと思われます。

 

ですので、肩関節以外の部位が緊張しているのかどうかを

 

見極める方法をお教えいたします。

 

2.肩関節以外の部位が固いかどうかを見極める方法

 

肩関節以外の部位(特に手から腕にかけて)が固いかどうかを

 

見極める方法をお伝えいたします。

 

その方法は至ってシンプルです。

 

(1)両手の親指を手のひらにしまって拳を作る

(2)拳を作ったまま腕を水平に広げる

(3)腕を水平に広げたまま肩甲骨を内側に寄せる

 

(1)~(3)の手順で肩を水平に広げた時に

 

首や肩から手にかけて

 

つっぱり感やストレッチ感、痛みなどが出た場合は、

 

手から腕にかけての筋肉が固い可能性が高いです。

 

また、肩甲骨を内側に寄せられなかった場合は、

 

肩甲骨周囲の筋肉が固く、

 

肩甲骨の動きが制限されている可能性が高いのです。

 

これらが肩の痛みの原因である場合、

 

手のひらの筋肉や腕の筋肉、肩甲骨周りの筋肉を柔らかくすることで

 

肩の痛みを軽減させることが可能です。

 

3.肩ストレッチをするサインお注意点

 

肩周囲の筋肉を柔らかくすることで痛みを軽減できることは

 

先ほどお話させていただきました。

 

肩関節周囲の筋肉を柔らかくするためには、

 

ストレッチをしていただくのが一番手軽です。

 

ストレッチの方法は、先ほどの

 

(1)両手の親指を手のひらにしまって拳を作る

(2)拳を作ったまま腕を水平に広げる

(3)腕を水平に広げたまま肩甲骨を内側に寄せる

 

の状態で、首を大きくそしてゆっくりと回してみてください。

 

その際に痛みが強い場合は、

 

痛みの少ない範囲で行ってください。

 

肩関節や腕の筋肉は、体幹や下半身の筋肉と比較して

 

小さくて、薄く、傷つきやすいです。

 

そのため、痛みを我慢して無理にストレッチをしてしまうと

 

それだけで筋肉が傷ついてしまい、

 

痛みが悪化してしまう可能性があります。

 

そうすると、痛み改善にもっと時間がかかってしまいますので、

 

必ずゆっくりと愛護的にストレッチを行うようにしてください。

 

ストレッチを無理なく上手に行うコツは、

 

痛みの出ない範囲でゆっくりと呼吸をしながら行うことです。

 

何回かストレッチしていれば、コツがつかめてくるはずなので

 

是非チャレンジしてみてください。

 

4.まとめ

 

・五十肩を改善するためには、”肩”以外の部位も柔らかくする必要がある。

・手や腕の筋肉の柔軟性や肩甲骨の可動性を確保することが五十肩改善につながる。

・肩関節周囲の筋肉をストレッチする場合、無理やりストレッチすると筋肉を傷めやすいの注意する。

・ストレッチで痛みが悪化しないようにするためには、「痛みが出ない範囲」で「呼吸をしながら」「ゆっくりとストレッチする」ことが大事です。

 

今回は、五十肩の痛みの原因を探る方法とその改善方法についてお伝えいたしました。

 

五十肩は痛みがとても鋭く、げんなりしてしまうような痛みですが、

 

肩や上肢まわりと肩甲骨周りの筋肉をしっかりと柔らかくすることで

 

痛みはしっかりと改善できます。

 

大事なのは、無理をしないで、そして焦らないで、

 

じっくりと治療に取り組むことです。

 

五十肩をもっと早く改善されたい方は、

 

当院でも対応しておりますので、

 

ご連絡いただければと思います。

 

今日もブログをご覧いただきありがとうございました。

 

 

【五十肩】五十肩の痛みはどう治す?その1【改善】

志木市新座市朝霞市和光市を中心に、腰痛五十肩膝痛など長年のお身体の痛みなどで悩まれている方に向けて、画期的な痛みの根本改善方法をご提案しております。整体院昌―MASA―では、頭から足先まで全身の痛みの原因を、のべ6702人の経験から特定し、あなたに最も合った改善方法を提案することで、最短で改善することを目指しております!
痛みから解放された患者様より、喜びの声を多数いただいております!

 

From:志木市の治療院より

 

こんにちは。整体院昌―MASA―の米満です。

 

突然ですが、あなたは

 

肩を痛めたことはありますか?

 

肩を動かすだけで強烈な痛みがでたり、

 

肩が上がらなくなったり、

 

腕に力が入らなくなったり

 

したことはありませんか?

 

今回お伝えするのは、

 

怪我や骨折などで肩を傷めた場合を除く、

 

四十肩や五十肩など

 

長期にわたって続いている肩の痛み

 

についてお話していきたいと思います。

 

もしあなたが、四十肩や五十肩を経験されているのであれば、

 

あの強烈な痛みは、もう経験したくないですよね?

 

私も五十肩を経験したことがありますが、

 

もうあの痛みはこりごりです(笑)

 

しかし、五十肩の痛みが引いている方にもお伝えしなければいけないことがあります。

 

それは、

 

四十肩や五十肩は、再発する

 

ということです。

 

同側の肩に再発することももちろんありますが、

 

反対側の肩に同じような痛みや

 

関節の制限が生じることも

 

いっぱいあります。

 

肩の痛みの再発を繰り返していると、肩関節の可動域は徐々に制限されていき、

 

最終的には、痛くないけど肩が上がらない

 

という状況になる可能性があります。

 

肩が上がらないと、日常生活に支障をきたす可能性が高まりますので、

 

予防が必要です。

 

今回は、四十肩、五十肩になる原因についてお伝えしたいと思います。

 

1.肩関節の構成

 

肩関節と一言にいっても、その定義は様々です。

 

一般的に肩関節といえば、

 

二の腕の骨と肩口をつなぐ関節を指すことが多いのですが、

 

肩関節を詳細に分類すると大きく4つにわけることができます。

 

(1)上腕肩甲関節

(2)肩鎖関節

(3)胸鎖関節

(4)肩甲胸郭関節

 

これら4つの関節が正常に機能することによって、

 

私たちが普段意識せずに肩を動かすことが可能になるのです。

 

これら、各々の肩関節について詳細な説明をさせていただき、

 

肩関節の構造について理解いただければと思います。

 

(1)上腕肩甲関節について

 

上腕肩甲関節(じょうわんけんこうかんせつ)とは、

 

二の腕の骨である上腕骨と肩甲骨で構成された関節です。

 

一般的に肩関節というとこの上腕肩甲関節を指すことが多いです。

 

関節の自由度が高く、前後左右や回旋運動もできる関節ですが、

 

その反面、不安定な関節で脱臼しやすい関節でもあります。

 

よく肩が脱臼したと聞くことがありますが、

 

肩が脱臼した場合、この上腕肩甲関節を脱臼することが多いです。

 

(2)肩鎖関節

肩鎖関節(けんさかんせつ)とは、

 

肩の骨の一番端っこ(外側)にある肩峰(けんぽう)とよばれる骨と鎖骨で構成される関節です。

 

肩鎖関節は腕を挙げる時に鎖骨が回転し、腕のあがりを補助する役目があります。

 

また、肩鎖関節は肩峰と鎖骨の間を靭帯が補強しており、肩関節の安定に関与しています。

 

(3)胸鎖関節

胸鎖関節は、鎖骨と胸骨端と呼ばれる胸骨の端っこのくぼみからなる関節です。

 

胸鎖関節も鎖骨と胸骨との間に靭帯があり、肩関節を補強する役割を担っています。

 

(4)肩甲胸郭関節

肩甲胸郭関節は、肩甲骨と胸郭(肋骨)で構成される関節で、

 

他の関節とは違い、関節包(かんせつほう)とよばれる関節周囲を補強する組織がありません。

 

そのかわり、肩甲骨の周囲(肩甲帯ともいう)には、大小様々な筋肉が付着することで、

 

肩甲骨周りの安定性を確保しています。

 

一見、肩甲胸郭関節は肩と関係ないように思えますが、肩甲骨の動きは肩の動きと

 

かなり密接な関係性があります。

 

肩甲骨は、肩、首、腕の動きと安定に大きく関与しており、土台となって支えてくれている

 

重要な役割をもっています。

 

以上、肩関節に関係する4つの関節をご紹介しましたが、

 

何が言いたいのかというと、

 

これら4つの関節のうち、ひとつの関節でも動かなくなると、

 

肩を動かすことがとても困難になるということです。

 

それだけ、肩関節は精密で繊細な関節であるということが言えます。

 

2.肩を痛めた時にするべきこと

 

肩を痛めてしまうと気分も落ち込みますが、それ以上に関節の動きが制限されてしまうため、

 

日常生活に支障が出てしまう可能性も高くなります。

 

そのため、痛みが出てからすぐに治療院や病院などへ行き、

 

治療を受けてもらってください。

 

四十肩・五十肩で困るのは、治療期間の長さと慢性化です。

 

私の経験則になってしまいますが、肩を痛めてから長期間放置して、

 

痛みが我慢できなくなって来院された方の治療期間は

 

長期化する傾向があります。

 

反対に、肩を痛めて直後から数日後くらいに来院する方は、

 

数回程度の施術で肩の痛みが改善する傾向があります。

 

これらの経験をもとにすると、

 

四十肩・五十肩は痛みを放置すればするほど、

 

治りが遅くなり、慢性化する可能性が高まってくるのです。

 

もし、あなたが肩が痛いと感じたのであれば、

 

すぐに専門家に相談することをおすすめします。

 

肩関節は非常に精密な関節であり、

 

一般の方で、痛みの原因を特定するのは至難の業です。

 

むしろ症状を悪化させてしまう可能性もありますので、

 

我慢せずに通院いただければと思います。

 

当院でも四十肩・五十肩の施術を承っておりますので、

 

ご興味がありましたら、ご連絡くださいませ。

 

今日もブログをご覧いただき本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ページトップへ