メルマガレポートフォローアップ13~肩甲骨を意識して動かせるようになる肩甲骨体操

 

from米満昌人

志木市の治療院デスクより

 

 

 

 

こんにちは。整体院昌―MASA―院長の米満昌人(よねみつまさと)です。

 

 

 

 

 

いつも当コンテンツをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

 

 

 

今日もメルマガレポートフォローアップをお送りいたします。

 

 

 

 

今回で最後のフォローアップになります。

 

 

 

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

今後も、ブログや動画を通じて、

 

 

 

 

 

あなたに有益な慢性痛を解決するためのヒントやノウハウを

 

 

 

 

 

提供していきたいと思いますので、

 

 

 

 

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

今回、最後のトピックは

 

 

 

 

 

レポートにも書いてあった肩甲骨体操について

 

 

 

 

 

お話したいと思います。

 

 

 

 

この体操は、テレビや雑誌、書籍などでも紹介されているような

 

 

 

 

 

有名な体操ではありますが、

 

 

 

 

しかし、肩甲骨体操は見ただけでマネても

 

 

 

 

 

実際に肩甲骨を動かせているかどうか

 

 

 

 

 

というところが一番の要でもありますので、

 

 

 

 

 

実際に肩甲骨が動かせているかどうか

 

 

 

 

 

しっかり確認していただくのが重要です。

 

 

 

 

 

ただ、肩甲骨を動いているかどうかわからない方

 

 

 

 

 

もいらっしゃるかと思いますので、

 

 

 

 

 

身体のある部分を意識するだけで、

 

 

 

 

 

自動的に肩甲骨も動いてしまう方法を

 

 

 

 

 

お伝えしたいと思います。

 

 

 

 

以下の動画をご覧になりながら、しっかりと肩甲骨を動かしてください。

 

 

 

動画URL:

 

 

 

 

ご視聴ありがとうございました!

 

 

 

 

メルマガレポートフォローアップ12~みるみる腰まわりが安定する腹式呼吸法

 

 

from米満昌人

志木市の治療院デスクより

 

 

 

 

こんにちは。整体院昌―MASA―院長の米満昌人(よねみつまさと)です。

 

 

 

 

 

いつも当コンテンツをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

 

 

 

今日もメルマガレポートフォローアップをお送りいたします。

 

 

 

 

今回は、レポートにも書いてあったエクササイズの中で腹式呼吸がありましたが、

 

 

 

 

その補足をしたいと思います。

 

 

 

 

みなさまは、腹式呼吸を試してみましたでしょうか?

 

 

 

 

初めて体験された方は、少し大変な部分もあるかもしれませんが、

 

 

 

 

 

慣れるとすごく良いエクササイズになりますので、

 

 

 

 

 

是非試してみてください。

 

 

 

 

 

まずは、レポートの復習をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

①息を吸う

 

 

 

 

 

②お腹をふくらませる

 

 

 

 

③息を吐く

 

 

 

 

 

④お腹をへこます

 

 

 

 

 

このような流れだったと思います。

 

 

 

 

 

今回は、①~④の流れに

 

 

 

 

少しだけやっていただきたいことを追加したいと思います。

 

 

 

 

そこまで難しくない内容ですので、

 

 

 

 

ぜひとも動画をご覧になりながら

 

 

 

 

試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

ご視聴ありがとうございました!

 

 

 

 

メルマガレポートフォローアップ11~すごく簡単に正しい歩き方ができる方法

 

from米満昌人

志木市の治療院デスクより

 

こんにちは。整体院昌―MASA―院長の米満昌人(よねみつまさと)です。

いつも当コンテンツをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

 

 

 

今日もメルマガレポートフォローアップをお送りいたします。

 

 

 

 

今回は、正しい歩行についてお話したいと思います。

 

 

 

 

以前、正しい姿勢や立ち上がりなどをお伝えいたしましたが、

 

 

 

 

 

今回は歩き方をお伝えします、。

 

 

 

 

歩き方って、十人十色、人によって全然違う歩き方をされています。

 

 

 

 

ガニ股で歩かれている方や膝を曲げながら歩かれている方など人によって様々です。

 

 

 

 

ただ、言えることは、

 

 

 

 

ほとんどの方が正しい歩き方をできていない

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

皆様は歩いている時、ほとんど意識はされていないと思います。

 

 

 

 

ほとんどの方は、歩いている時ほとんどある筋肉をつかえていませn。

 

 

 

 

その筋肉とはいったいどこか?

 

 

 

 

 

それは、おしりの筋肉です。

 

 

 

 

 

 

おしりの筋肉は、股関節が後ろへ伸びた時に使う筋肉です。

 

 

 

 

 

おしりの筋肉を使わないと、股関節が固くなって動きづらくなってしまいます。

 

 

 

 

そうなると、重力によって、関節の負担が増し、

 

 

 

 

 

腰や膝、首など股関節以外の場所にも痛みが生じてきてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

 

 

 

 

ですので、歩く際、いかにおしりの筋肉を使いこなすかが大事になってきます。

 

 

 

 

 

ある部分だけ、意識を変えるたけで一瞬で歩き方が変わり、

 

 

 

 

 

おしりの筋肉を使いながら正しい歩き方ができる方法をがあります。

 

 

 

 

本当にすぐに変わりますので是非試していただければと思います。

 

 

 

 

その方法とは…

 

 

 

 

 

 

 

ご視聴ありがとうございました!

 

 

 

 

メルマガレポートフォローアップ10~意外と知られていない正しい立ち上がり方

 

from米満昌人

志木市の治療院デスクより

 

こんにちは。整体院昌―MASA―院長の米満昌人(よねみつまさと)です。

いつも当コンテンツをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

 

 

 

今日もメルマガレポートフォローアップをお送りいたします。

 

 

 

 

今回は、立ち上がりについてです。

 

 

 

 

立ち上がりに関しては、

 

 

 

 

日常生活で当たり前のように行っている動作なので、

 

 

 

 

立ち上がりに痛みがある方以外は、

 

 

 

 

 

基本的に意識することはないと思います。

 

 

 

 

痛みがある方の場合は、是非意識していただきたい部分です。

 

 

 

 

立ち上がりの時に痛みが出るときは、

 

 

 

 

当たり前ですが必ず原因があります。

 

 

 

 

 

例えば、腰に負担がある立ち上がり方だったり、

 

 

 

 

 

立ち上がり方そのものが、非効率的であることが多いのです。

 

 

 

 

 

それを詳しく説明していきますね。

 

 

 

 

 

 

 

ご視聴ありがとうございました!

 

 

 

 

メルマガレポートフォローアップ9~腰痛時にやってほしい痛みの出づらい寝返り方

 

from米満昌人

志木市の治療院デスクより

 

こんにちは。整体院昌―MASA―院長の米満昌人(よねみつまさと)です。

いつも当コンテンツをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

 

 

 

今回もメルマガレポートフォローアップ動画をお送りいたします。

 

 

 

 

今回はレポートで触れられなかった「動作」について

お伝えしたいと思います。

 

 

 

 

「動作第一弾」として、

「痛みの出づらい寝返りの仕方」を

お伝えしたいと思います。

 

 

 

 

特に腰痛の方には痛みを軽減しやすい

寝返り方になりますので、

 

 

 

 

是非ご覧いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

ご視聴ありがとうございました!

 

 

 

 

メルマガレポートフォローアップ8~痛みの出づらい座り方

 

from米満昌人

志木市の治療院デスクより

 

こんにちは。整体院昌―MASA―院長の米満昌人(よねみつまさと)です。

いつも当コンテンツをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

 

 

 

今回は、「痛みの出づらい座り方」についてお話したいと思います。

 

 

 

 

立ち方についてはレポートでお伝えさせていただいたと思いますが、

座り方については、まだ触れていなかったと思います。

 

 

 

 

ですので、今回の機会であなたとシェアさせていただけたらと思います。

 

 

 

 

ずっと座っていると痛みが出てしまうという方は、たくさんいらっしゃると思います。

 

 

 

 

すっと座っていると痛みが出てしまうことが多いんですが、

 

 

 

 

あなたは普段、自分がどのように座っているかを把握していますか?

 

 

 

 

意外と自分がどのように座っているかということを意識したことはないのではないでしょうか?

 

 

 

 

今回は、比較的痛みの出づらい座り方を、動画で詳しくお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

ご視聴ありがとうございました!

 

 

 

メルマガレポートフォローアップ7~痛みの出づらい立位に必要な体重の掛け方

 

志木市の治療院デスクより

 

 

 

こんにちは。整体院昌―MASA―院長の米満昌人(よねみつまさと)です。

 

 

 

いつも当コンテンツをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

 

 

前回、重力との付き合い方についてお伝えさせていただきました。

 

 

 

前回の記事をご覧になられていない方は以下からご覧になってください。

 

 

メルマガレポートフォローアップ6~カラダの中にある3つの重心を意識してください!

 

 

上半身、下半身、身体全体の重心を重力と上手く適合させて姿勢をとることが痛みの出づらい姿勢につながるということを説明させていただきました。

 

 

 

今回は、痛みの出づらい立ち方について、もっと詳しくお伝えしたいと思います。

 

 

 

立っている時に全身の体重を一番支えてくれるところはどこでしょうか?

 

 

 

それは、足ですよね。

 

 

 

足は二つありますが、その足のどの部分に体重が掛かるかによって、全身のバランスも変わってくるのです。

 

 

 

例えば、その場で立っていただいて、体重をかかとにかけてみてください。

 

 

 

後ろの筋肉に力が入るのが分かりますでしょうか?

 

 

 

全身も自然に後ろに体重が傾いてくると思います。

 

 

 

この状態を日常的に続けていくと、後ろの筋肉が固くなって痛みとして出てしまう可能性があります。

 

 

 

実は、体重がかかとに乗っている方が非常に多いのです。

 

 

 

実際、腰痛を訴えて来院される方の立位の姿勢をみると、

 

 

 

多くの方がかかとに体重をかけていらっしゃいます。

 

 

 

では、足のどの部分に体重をかければ、バランスの良い立位になるのか?

 

 

 

文章だけで説明するのは難しいので、以下の動画をご覧になりながら、実際に試してみてください。

 

 

 

 

ご視聴ありがとうございました!

 

 

 

メルマガレポートフォローアップ6~カラダの中にある3つの重心を意識してください!

 

志木市の治療院デスクより

 

 

 

こんにちは。整体院昌―MASA―院長の米満昌人(よねみつまさと)です。

 

 

 

いつも当コンテンツをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

 

 

前回、正しい姿勢と痛みの出づらい姿勢について説明させていただきました。

 

 

 

前回の動画ご覧になっていない方は以下のURLからご覧になれますのでまずはそちらをご覧ください。

 

 

メルマガレポートフォローアップ5~痛みの出づらい姿勢と重力の関係

 

 

痛みの出づらい姿勢にするためには、重力と上手く付き合うことが大事だとお伝えしました。

 

 

 

今回は、どのようにして重力と上手く付き合うのか、重力をどのようにして味方につけるのか、についてお話しいたします。

 

 

 

まず、物体には重心があります。重心とは物体の中心を指します。もっと分かりやすく言うと、「物体を効率的に支えることができる位置」です。

 

 

 

もちろん人間も物体である以上、重心があります。

 

 

 

あなたの身体にも、見えないですけど重心は存在しているのです。

 

 

 

そして、あなたの身体の重心の位置を把握することができれば、無駄な力を使わずに姿勢を保つことができるようになります。

 

 

 

無駄な力を使わないということは、余計な筋力を使わないということです。

 

 

 

そうすることで、筋力の疲労が減って痛みの出づらい姿勢を保つことができるようになるのです。

 

 

 

そのためには、人間の身体にある3つの重心の位置を知る必要があります。

 

 

 

上半身と下半身、そして全身の重心、計3つの重心があることを知っていただきたいのです。

 

 

 

その3つの重心を味方につけることで、痛みの出づらい姿勢を実現することができるのです。

 

 

 

では、3つの重心はそれぞれどの位置に存在しているのでしょうか?

 

 

 

以下の動画で、その秘密を知ってください…

 

 

 

ご視聴ありがとうございました!

 

 

メルマガレポートフォローアップ5~痛みの出づらい姿勢と重力の関係

 

志木市の治療院デスクより

 

 

 

こんにちは。整体院昌―MASA―院長の米満昌人(よねみつまさと)です。

 

 

 

いつも当コンテンツをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

 

 

今回は正しい姿勢についてお話しいたします。

 

 

 

メルマガ登録時にお渡しした無料レポートにも正しい姿勢についてお伝えさせていただきましたが、お試ししていただけましたか?

 

 

 

レポートの中で説明した正しい姿勢は「理想的な姿勢」です。

 

 

 

人間の「解剖学的肢位」という姿勢に基づいた姿勢です。

 

 

 

ですので、背骨が変形していたりして構造上レポートに記載されているような姿勢がとれない方は痛みを取り除くことはできないのか?と思われる方もいるかもしれませんが、

 

 

 

決してそんなことはありません。

 

 

 

重力を味方につけることができれば、理想的な姿勢ができなくても痛みを軽減させることは可能なんです。

 

 

 

じゃあ、重力を味方につけるにはどうしたらいいでしょうか?

 

 

 

 

ご視聴ありがとうございました!

 

 

 

メルマガレポートフォローアップ4~生活習慣ってなんだろう?

 

志木市の治療院デスクより

 

 

 

こんにちは。整体院昌―MASA―院長の米満昌人(よねみつまさと)です。

 

 

 

いつも当コンテンツをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

 

 

 

今日は生活習慣についてお話しいたします。

 

 

 

 

あなたにとって生活習慣と言う言葉は、聞きなれている言葉だと思いますが、

 

 

 

具体的な定義を問われると、答えは十人十色だと思います。

 

 

 

 

ある人にとっては仕事であったり、ある人にとっては家事かもしれません…。

 

 

 

 

そのぐらい広い定義の言葉なんだと思います。

 

 

 

 

当院では、生活習慣について

 

 

 

「朝起きてから寝るまでの間にどのような姿勢・動作をしているか」

 

 

というところを定義付けさせていただいております。

 

 

 

例えば、朝6時に起床して、9時に出社、18時に退社して23時に寝るといった具合に、

 

 

 

毎日のサイクルは大まかに言ってしまえばある程度同じサイクルを繰り返しているといえます。

 

 

 

 

このような形で、起きてから寝るまでにどのような行動をされているのかということを当院では生活習慣と言う風に定義付けさせていただいております。

 

 

 

その生活サイクルの中であなたがどのような姿勢・動作・行動をされているのかを詳しく把握することで、あなたの痛みの本当の原因が浮き彫りになっていくのです。

 

 

 

 

では、どのようにして生活サイクルを細かくみていくのかについてお話しいたします…

 

 

 

ご視聴ありがとうございました!

 

 

 

ページトップへ