飛蚊症とは?眼の病気の可能性がある飛蚊症について知ろう

志木市新座市朝霞市和光市を中心に、腰痛五十肩膝痛など長年のお身体の痛みなどで悩まれている方に向けて、画期的な痛みの根本改善方法をご提案しております。整体院昌―MASA―では、頭から足先まで全身の痛みの原因を、のべ6702人の経験から特定し、あなたに最も合った改善方法を提案することで、最短で改善することを目指しております!
痛みから解放された患者様より、喜びの声を多数いただいております!

From:志木市の治療院より

飛蚊症とは?眼の病気の可能性がある飛蚊症について知ろう

 

飛蚊症(ひぶんしょう)を知っていますか?

 

飛蚊症とは、人間の眼球内の原因により視覚に発生する現象で、視界に糸くずや黒い蚊のように見える小さな影のような物体が見えるものです。

 

眼を動かす動作と一緒にふわっと動き、青空や白い壁などを見ている時にはっきりと自覚されることが多くあります。

 

1.飛蚊症の原因

 

飛蚊症は、主に光を通過させるはたらきを担う眼の器官である水晶体の濁りが原因で起こります。

水晶体の中は水分と線維成分で構成されており、両者の混じり具合が悪くなることで線維のかたまりがゆらゆらと浮かんで見えるようになります。

このような水晶体の濁りが起こる理由としては、生理的なものや加齢によるものがその大半を占めるため、こうして生じる飛蚊症には病的な意味合いはなく、特に心配することもありません。

 

しかし、眼科的な疾患が原因で発症する飛蚊症もあります。

 

飛蚊症の代表的な原因疾患は、網膜剥離、網膜裂孔、硝子体出血、ぶどう膜炎などです。

 

こうした病気では、出血や炎症によってできた硝子体の濁りが飛蚊症の原因となります。

 

また、強度の近視の目では飛蚊症が起こりやすいとも言われています。

 

2.飛蚊症の詳しい症状

 

飛蚊症が起こると、黒い点や虫のようなもの、薄い雲のようなものが視界に現れ、眼を動かすとこうした異物も一緒になってふわっと移動します。

暗闇では分かりにくく、背景が白い時や明るい時により明確に異物を自覚できます。

 

病的な飛蚊症では、原因疾患に応じてほかの症状も自覚するケースが多くなります。

 

例えば、網膜剝離による飛蚊症が起きている場合、網膜の剥がれた部位に合わせてカーテンがかかったように視界が見にくくなったり、視力の低下を感じたりするのが一般的です。

 

硝子体出血では目の前に墨がかかったような症状も現れたり、ぶどう膜炎の場合は光がいつもよりまぶしく感じる、視界がかすむなどの症状を伴うことが多くなります。

 

このように、視界にただ糸くずや黒い蚊のようなものが見えるだけであれば、病的な飛蚊症ではないケースがほとんどですが、それと同時に眼に何らかの違和感や不快感などを感じる場合には、何かの疾患によって飛蚊症が起きている可能性が高くなります。

 

飛蚊症は気にしてみると結構頻繁に起こっていたりするのですが、生理的なものであれば放っておいて問題ありません。

 

3.最後に

 

実は、私は中学二年生のときに目を怪我した際に網膜剥離を起こしたことがあります。

 

幸いにも、すぐに病院へ行き適切な治療を受けられたので、障害などを残すことなく、現在も特別何かしらの症状が出ているということはありません。

 

しかし、当時のお医者さんから言われたのは、「何十年後かわからないが、もしかしたら、網膜剥離を再発して飛蚊症がみられるかもしれない」と言われたことは今でも印象に残っています。

 

現状、視界には気になるような症状はみられていませんが、現在33歳、そろそろそのような症状がみられてもおかしくはないので、注意して生活しています。

 

みなさまも、何か心配なことがあるようでしたら、早めに検査などをすると良いでしょう。

 

ページトップへ